ANAダイナースカード

ダイナースクラブのお得な特典、エグゼクティブダイニングを使ってみた

投稿日:

自分は今、ANAダイナースクラブカードをメインのカードとして使っています。

マイル系のカードの中からチョイスした主な観点としては、

①無期限でマイルに変換でき、還元率も高め(1%)
②旅行に便利なサービス(保険、ラウンズ、手荷物郵送など)が良い
エグゼクティブダイニングが優秀

①、②は他のマイルがたまるカードに見劣りせず高いという程度で、決定打ではなかったのですが、
③のエグゼクティブダイニングはダイナースが明確に優秀でした。

今回の記事はこのサービスの使用感に関するお話し。

 

エグゼクティブダイニングは他のダイニング系サービスより使える店が多い

そもそもエグゼクティブダイニングとはどんなサービスかというと、

指定の高級レストランのコースを2名以上で予約すると1名分無料というものです。

”同じお店での利用は半年に1回”というルールはありますが、それさえ守れば何回でも使えます。怪しいほどに漂うお得感。

 

例えばカップルで記念日やお互いの誕生日のお祝いのために年2、3回はちょっと良いレストランで食事しているのなら、このサービスだけで簡単に年会費分のサービスが受けられます。

 

さて、この類のサービスは年会費1万円以上のカードになってきますが、色んなクレジットカードであります。
ダイナースカードのエグゼクティブダイニング以外では、アメックスの招待日和が有名どころです。

内容も正直ほぼ同レベルなのですが、僕にとって判断を分けたのは提携店舗数が多いという点です。

ダイヤモンド・ZAIさんの比較ページを見ても現在のところもダイナースが最も提携店が多そうです。

 

対象店舗がせいぜい100もあれば一生使い切れるわけはなく、招待日和でも十分多そうにも感じるかもしれませんが、

①価格
②立地

の2点で自分らにマッチしている店がどれほどあるかを考えると多いに越したことはないです。

例えば、富裕層でもない(むしろ奨学金の借金まみれである)自分らにとっては、あんまり高いレストランは結局半額になっても使えないんですよね。
コース料金一人2万とかだったら、「二人で4万→2万で2万もお得!」になろうとも結局行こうとは思わないのですよ。
エグゼクティブダイニングも招待日和も、数千円〜数万まで扱っているわけで、対象店舗が200あってもそのうち自分にとっての対象がどれほどあるかというと、それほど多く無いと思います。

立地についても、やっぱり提携レストランは首都圏に集中していますが、住んでいる場所からあまり行きにくいところは対象から外したくなります。

 

こういった観点で、提携店舗が多い→実際に使いこなせる可能性が高い、と判断した、というわけです。

 

はじめてのエグゼクティブダイニング〜「レス・アルカーナ青山」

というわけで、先日初めて使ってみました。エグゼクティブダイニング。

予約はダイナースの公式アプリからできます。以前は電話だけだったみたいですけど、食べログとかに慣れている現代人からすれば圧倒的にネットで済ませられる方が良いですよね。

Res arcana(レス・アルカーナ)青山

 

これのラグジュアリーコースに、乾杯のシャンパンがサービスで付いてきました。もう結婚式の披露宴の食事みたいでした。
嫁が写真撮ってくれてたので雰囲気だけ伝わればと思い一部紹介。

[スープ]
もともとはトマトスープだったのですが、サービスの方がトマトNGを察してくれて、急遽とうもろこしの冷製スープにしてくれました。
事前に伝えてなかったですし「嫁が二杯食べるのでも良い」と思ってたのですが、対応していただけて初手感激でした。

一つもったいない点があったとすれば、
既にトマトスープに満足していた嫁が「私もそっちがよかった・・・」と不満を抱えたことでしょうか。

 

[フォアグラステーキ]
お恥ずかしながら、フォアグラを食べたことなかったので最初は右上のしいたけのことかと思いました。

(どうするよ、フォアグラだよ・・・!)

なんてヒソヒソ話すあたり、ちょっとこのお店に対して我々は格下感出ていたと思うのですが、
そんな背伸びもさせてくれるエグゼクティブダイニングです。

 

[メインディッシュのステーキ]
「食べさしやんけ・・・!」というツッコミもあるかと思いますが、しょうがないのです、
我々の器に対して大物すぎてパクついてしまったのです。このお肉が悪い。
※めちゃめちゃ美味しかったです。

 

また、サービスでついてきたシャンパン以外に二人ともワインを一杯ずつオーダーしました。

コース料金10,000円 x 2人=20,000円
飲み物は別料金なので、
飲み物1,000x 2人=2,000円

で、合計12,000円ほどでした。

 

結局お得なのか・・・?

2人分の金額だけ見ると、これまでの記念日ディナーと料金は同じくらいなんですよね。

こんな感じのお店なので飲み物も安くは無く、使ってみると「意外とかかるな」って思う人も多いと思います。

意外と、というのはやはり「一人分タダ」というインパクトによりハードルが上がりまくってる反動でもあるわけですが、
コース以外の飲み物は別料金なので、7,000円のコースでも2人で10,000円程度はかかります。

ただし、やっぱ2人で10,000円程度の料理とはまた明らかにランクが違いました。
普通に1人5,000円出すのではとても食べれないようなものを頂けます。普通の飲み会に5千円かかってるのがアホらしくなります。

逆にこんな美味しいもの食べてたら普通の牛丼屋さんとか行けなくなるんでは無いかと帰り道怯えていました。

というわけで、長期的には牛丼屋さんやコンビニ弁当を受け付けない高コスト体質になりお得ではなくなる可能性はあるものの大満足なサービスでした。

また次回は別のお店に行きます。

-ANAダイナースカード
-, ,

Copyright© ぽてはじめ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status