日々の考察

アシックスのランシュー:TARTHERZEAL6(ターサージール6)の履いたらキロペース7秒上がった話

更新日:

こんにちは、社内駅伝に向けてランニングを頑張っているさるぽてです。

晴れて部署のトップチームに入れてもらえることになったんですけど、

そこにはマラソンでサブ3(ゴールタイム3時間以内)を達成しているようなガチ勢もいて、一緒に練習していていっつも死にそうになってます。

 

ある日その人に聞かれたんですよね。

 

「さるぽて君のそのランシュー(ランニングシューズ)、なんか重そうじゃない?靴はこだわったほうがいいよ。」

 

なんとなーく買って、意外と気に入ってたランシューだったんですけど、ダメ出しされました笑

 

そこで勧められたのがTARTHERZEAL6(ターサージール6)です。実際ランシューを変えただけでタイムは良くなって、ペースにしてキロ7秒上がりました。

スポンサーリンク

もともと使ってたブルックスのランシューは反発力が強いけど、確かに重たかった

もともと履いてたのはブルックスのこのシューズ

デザインが好きだったのと、定価2万くらいするくせに当時値段も6800円とお買い得なのが理由で買いました。

ブルックスっていうアメリカのメーカーみたいで、品薄な時はかなり高くなるようです。

 

この靴、とにかくバネがすごいです。

ブルックスのこの靴まではアディダスのワゴンセールされてたランシューを履いてたんですけど、弾力性でかなり蹴りにサポートを感じました。

先輩曰くブルックスの靴はそういうタイプが多いみたいですね。

 

ただ一方で、駅伝チームの先輩の印象通り、確かに少し重かったのは否めません。

もちろんテニスシューズとかほどではないんですけど、少し軽めのスニーカーくらいのイメージです。

 

膝とか怪我しがちな人にはクッション性が高くてとても良いかもしれないですけど、後半のスパートとか、登りとかはきついですね。

あとは弾力性が高くぴょんぴょん跳べてる感じがあったんですけど、意外と自分は技術がなくて推進力に変えられていなかったのかもしれません。

・・・まあそれでも最近までは全く不満には思っておらず、ターサージール6を履いて初めてわかったことなんですけど!

 

ターサージール6の万能感

駅伝ガチ勢の人が実際に履いていて自信を持って勧められると言っていたのがこのターサージール6です。

ネットなら1万弱で買えます。

色は三色展開ですね。僕は蛍光色があまり好きじゃないのと、紺色のはどうも普通のスニーカーっぽく見えたので白色のにしました。

ネットで買った時はレディースっぽい配色に感じたんですけど、履いてみると水色の部分はほとんど強調されないので普通に白くてかっこいいランシューです。

 

箱から出して最初に思ったことは、めちゃめちゃ軽い・・・!

あんまりピンと来ないかもしれないですけど、勧めてくれた先輩が家で測ってみたところ160 g弱らしいです。普通のバナナ一本くらいですかね。それにしても靴の重さ測るマニアっぷりがすごい。

 

そして走り始めて最初に思ったことは、意外と弾力性ある・・・!

ブルックスのゴムゴムの靴と比べたら普通レベルなんですけど、一歩が大きく出せる感触が得られるだけの弾力性はあります。

マラソンランナーにも人気のようですし、この軽量感の割にクッション性は高いです。

 

ブルックスの前に履いてたというアディダスの安いランシューはかなり軽いんですよね。(それでもターサージールほどじゃないんですけど。)

でも、軽いだけって感じで、クッション性がかなり薄いです。

普通は仕方ないですよね。ペラッペラだったら弾力感は無くなって当然です。トレードオフな関係になるのが普通。

 

一方ターサージールはこのトレードオフの関係にあると思われた軽量性とクッション性が高次元で両立しています。

 

一言で言えば万能

悪く言えば、特に上級ランナーからしたら特に個性のない靴に映る可能性もあるかも。

ただ僕個人の感想としては非の打ち所がないものです。

スポンサーリンク

ターサージールに変えただけでタイム伸びた。

実は1年前くらいからとあるコースをよく走っているんですが、ターサージール6に変えることでかなりタイムが伸びました。

具体的には3キロ弱のコースで20秒ほどタイムが上がりました。ペースにして

3:43 /1 kmから、

3:36 /1 kmに上がりました。

 

before

 

after

 

実はこのターサージール6を履く前の元々の記録、3:43 /1kmでも自分としては結構頑張って伸びてきてた方なんですよ。

例えば1年前の記録はこれ。

なんとか1キロ4分を切れる状態。

そこから月2くらいで走ってましたが、その程度の頻度では現状維持が一杯一杯。

4月から本格的に社内駅伝大会に向けて走り始めて、じわじわとタイムも伸び、1キロ3:43まで来たところでした。

 

そこでターサージール6装着です。

途端にタイム伸びました笑

 

正直走っている最中はそこまで速くなっているかな?って疑問な気持ちなんですよ。

でも事実としてこんだけ伸びました。

 

データを見てみると平均歩数が

173歩 /分

177歩 /分

に伸びてます。つまりピッチが速くなってるわけです。これは完全に軽さの影響でしょうね。

ちなみにこの無料計測アプリはRuntasticというものです。

無料で始められる!ランニングを継続したいのなら初心者もRuntasticでデータを取りながら走るのがオススメ
とか、 とか、 陸上競技として走るわけじゃないけど、重い腰を上げて自分の体のために走っている方、少なくないと思…

スポンサーリンク

もちろんマラソンでも定番らしい

ご覧の通り、僕は今社内駅伝大会に向けて準備しているので3キロとか短めでスピードを出す走り方をしていますが、

マラソンでも定番のようです。

軽いことで疲れないのに、地面から受けるダメージを軽減させるのに十分なクッション性。どちらもマラソンランナーには嬉しいですよね。

というわけで12月の湘南国際マラソンにエントリーしたのですが、ターサージール6を履いて頑張ってきます。

 

終わり:初めてランシューを履いた時ぶりに感動した

このターサージール6は本当に気に入りました。

僕が初めてランシューを履いたのは中学の駅伝大会の頃だったんですけど、その時もめちゃめちゃ感動したものです。

「軽い・・・!ぴょんぴょん跳んでるみたいに走れる・・・!」

 

今回の感動はちょうどそれに近いものを感じますね。

かなり万能感があって距離適性も広いシューズだと思うので、今履いてるシューズがパッとしないなと思う方はぜひ一度お試しあれ。

 

 

-日々の考察

Copyright© ぽてはじめ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status