テニス

テニスパーク湘南のシングルスに出場した。試合方式やレベルは?

更新日:

「神奈川でテニスの一般大会に出て試合経験を積みたい。」

少し前の僕です。

でもきっとそこそここういう人いるんじゃないでしょうか。

調べて最初に出てきたのがテニスパーク湘南の一般大会でした。

テニスパーク湘南

茅ヶ崎や倉見の近くにロケーションしています。

 

かなりの頻度で開催されていて、いろんなサイトでおすすめされています。

今回はここの中上級のシングルス大会に参加してきましたので、

そのレベルとか運営について書きたいと思います。

スポンサーリンク

大会の申し込みの仕方は

申し込みの仕方は簡単です。

ホームページに行って大会申し込みのフォーマットがあるので入力を完了させると、後日メールでコンビニ振り込みの案内がきます。一回5千円です。

振込先など、送られていくるメールに従って申し込みをしたらオーケー。

大会当日が近づくと受付時間などの要綱が改めてメールで送られてきます。

意外とぎりぎりまで来ないので焦らずに待ちましょう。

 

シングルス2種類(湘南CUPと湘南リーグ)あるね?

そうなんです。湘南CUPと湘南リーグの2種類があります。

正直申し込み時は違いがわかんなかったんですが、

当日試合会場にいってわかりました。

湘南CUPの方がレベルは高いです。

 

湘南リーグは「中上級者まで」っていう感じで、

湘南CUPは「中上級者から」っていうニュアンスです。

いまいちHPからはレベル感が伝わってこないので、

「湘南CUPはシングルスかー!」

ってエントリーしちゃう初心者さんがもしいたら、なかなか憂き目に遭いますね。逆に特別な参加資格も必要なく、その辺のテニスコーチくらいのレベルの人がたくさんいる感じでしたので、まだそういうレベルにはいないけど上級者とちゃんと試合をやりたいって人は飛び込んでみるのも良いという見方もあるかもしれません。

 

じゃあ湘南リーグは実際どういうレベルの選手がエントリーしてた?

僕は5回試合をし、準決勝の一人を除いて試合後全員と少しだけ会話しましたが、それはそれは様々な人がいました。

 

初戦:40代のおじさん。

やや古風なテニスで、歴はもう20年くらいとのこと。スライスとかボレーとか、やっぱりタッチがうまい。

そもそもこの歳でもばりばりシングルスするのすげーなって感じです。

 

二試合目:30歳くらいの会社員の人。

強敵でした。歴は聞きませんでしたが、学生の頃からやっていたはずです。スピン系のサーブとボレーができる長身プレイヤーという、プロにもいるタイプの属性。場違いなレベルではないですが、そういう戦術的なことを考えて試合をする余裕のある人だったと思います。

 

三試合目:始めて2年くらいの高校生?。

予選リーグ最終戦はまだ初めて2年くらいのおそらく高校生、わかんない、大学生かも。まだまだ全てのショットを練習中という感じで、ダフォとか3球目のミスとかで試合が進む展開。

試合になると打てなくなる悩みと戦っていて、経験を積むために自腹をきってエントリーしたとのことで非常に好感が持てます。

めちゃめちゃ気持ちわかりますよね。

 

準決勝:20台後半くらいのゴリゴリの人。

ストロークとサーブがバカ強かった。こっちのサーブ以外は基本的には耐え忍ぶ展開。

でも途中から自分のミスでメンタルがお荒れになっていて、負けそうもない感じになっていきました。

そういう人って変な拍子でまたやる気を取り戻しちゃうから、こっちもそういうきっかけを与えないように慎重〜にやってました。

 

決勝:テニサー引退済みの大学院生。

すごく真面目そうな見た目通りの真面目なシコラー。

しっかり声も出すし、日本の部活に好まれそうなタイプ。笑

試合を観ていても苦手なショットもなく、どうしようかって感じでしたが、いざコートに入ってみるとどうも五試合目ということもありお疲れのご様子でした。確かにシコラーで1日5試合はなかなか重たい。

 

そんな感じで、初級者から始まり、何十年もやってるおじさんとか、学生時代ずっとテニスやってた人とか様々でした。ちなみに僕も高校からテニスを始めて、大学も3年間部活でやってました。

そして、レベルを語る上でもう一点重要なことは、この大会は月に何回か開催するくらいの頻度なので、毎回毎回エントリーする人次第でかなりレベルの幅はぶれるだろうなということです。

初心者だらけの回とか、中上級者だらけの回とかが発生してもおかしくはありません。

 

運営の良かったところ悪いところ

この大会、男子シングルスはべらぼうに朝が早く、7時半エントリーで、その15分後くらいには試合してます。

冬はきつい。

 

試合数についてはワンセットマッチが三試合程度は保証されているようです。状況によっては本戦とは無関係のエキシビションも組まれたりしてました。

これはいいですよね。

5千円払っているので、7時半にエントリーして8時に0−6で初戦敗退ではあまりに虚しいですからね。

 

一点少し嫌だったのが、ウォームアップが体を動かす以外ボールやラケットを使ったことができないんですよね。素振りもNGです。

なので、その日の最初の打球は試合前のサーブ練4球です。

これは嫌ですね。始めの4ゲームくらいはウォーミングアップとして消化する感じです。

冬は特に好ましくないなって思います。

 

※運にも恵まれて優勝できました。

賞状と、

謎のテニスボールキーホルダーと、

ショルダーバックをもらえました。

すごく嬉しい。

 

まとめ:テニスパーク湘南のシングルスは朝早く受付に行ける人にはオススメ

ウォーミングアップができないのと朝の早さは辛かったですけど、特に困ったこともなく、いろんな人と試合ができて楽しかったです。

試合数も最低3試合はできますし、7:30エントリーに間に合う場所に住んでいる方にはオススメできます。

 

-テニス

Copyright© ぽてはじめ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status